FrontPage

アイデア出し

アイデア記述フォーム
filetheme.pdf


論文執筆にあたって

その他
http://d.hatena.ne.jp/next49/20081107/p1
http://staff.aist.go.jp/toru-nakata/sotsuron.html

論文は誤解のなくわかる文章を書くこと。まずここが大事です。

論文において一番のポイントは作ってみた作品がシステムとしてどの部分が直感(予感)を実現できているか、どの部分ができないか?ということを考えてみるとよいと思います。
例えば新しいシステムを思いついてもすでにあることがよくあります。でも、それで新規性がないと考えることはやめましょう。そうではなくて、実際近いシステムを作ったとき、実現のために気をつけなければいけない事や「やってみてわかった事」があるはずです。そして、やったからこそわかるそのシステムのできることとできないこともあるはずです。そこから作った作品のシステムは何に向いているとかということが導き出せるでしょう。

論文で最低限気をつけたいこと

  • 章の先頭一文でその章が何を言っているかわかるように書く。
  • 各章の先頭一文を読んでいくだけで論文の概要がわかるようにする。
  • 主語、動詞、目的語を明確にする。
    • 〜は〜を〜する。
  • 文章は短く簡潔にする。
    • 〜のように感じると思われると思われる。
    • 〜である。
    • 〜は〜のように〜して〜なので〜だとしたら〜といえる。
    • 〜は〜のようである。そして〜して〜である。よって〜だとしたら〜といえる。
  • 専門用語ならびに造語は定義してから使う。
    • アフォーダンスとは〜である。
    • 〜という状態を操作を予感させるインタラクションという。以降このことを予感インタラクションと呼ぶ。
  • 用語や変換は統一する。
    • インターフェース?インタフェース?
    • たとえば?例えば?
  • 数字はアラビア数字にする。さらに1桁は全角、2桁以上は半角にする。
    • 一、2、2008
    • 1、2、2008
  • 大変な、かなり、少々、など量の曖昧な表現はしない。
    • 〜の結果かなりの成果が得られた。
    • 〜の結果60%の成果が得られた。
  • この、あの、その、などの指示を極力避ける。(ただし直前は例外。)
    • ギブソンは生態学的視覚論においてアフォーダンスを提唱した。これにはそのことが書かれている。「これ」は「アフォーダンス」で「その」は「生態学的視覚論」と解釈できてしまう。
    • ギブソンは生態学的視覚論においてアフォーダンスを提唱した。生態学的視覚論にはアフォーダンスのことが書かれている。


Tex情報

eclipseでTex制作 http://texlipse.sourceforge.net/
参考 http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texwiki/?TeXlipse
EasyTEX http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texwiki/?EasyTeX
Lyx http://www.lyx.org/
中間報告書ひな形(提供加藤君)
fileTexSample.zip

卒論雛形
filefunthesis.cls
編集ファイルサンプル(画像ファイルは省略)
参考程度に。
filedocument.tex
filemybib.bib

発表にあたって

デモとして自分の作品を紹介することは当然です。その上で鑑賞者の直観を喚起するためにどのような工夫をしたかを説明することが重要です。
発表の際にはフィードバックを受けれるよう、フィードバックシートを用意しましょう。

フィードバックシート
filefeedbacksheet.docx


恐ろしいプレゼンテーション

恐ろしすぎて笑えます
http://www.docstoc.com/docs/1946204/Horrible-Presentations

FrontPage

Giving a talk

研究発表の「基本的なスタイル」を「基本的な論文形式」でまとめた文章。
これを押さえておけばあなたも研究者だ!
http://www.comm.utoronto.ca/~frank/guide/guide0.html

一文で訳してもらった意図

ある文献を読んでアウトラインを簡潔にまとめることは後述する論文書きの基本にとって非常に重要です。そのことをまずは体験してもらうためにこの宿題を出しました。

論文書きの基本

「論文は各章の初めの一文でその章のすべてを語っているようにする。」
これが大事です。要するに各章の出だしだけを読んでも概要がわかるようになっている論文はわかりやすく書かれた文章です。
これは実は日本語的構成ではなく英語的構成なのです。たとえば日本語でお茶会で座っているM馬さんを説明するとしましょう。
この場合、
「口ひげを蓄えた髪の毛の色が白髪の男性がいます。」
となります。これが英語だとどうでしょう?
"There is a man who has beard around mouth with white hair on his head."
となります。さて文章は右から左に順に読みます。ではこの例文を省略してみると、
「口ひげを蓄えた」
"There is a man"
となります。日本語のほうは何のことやらわかりませんが、英語は「男がいる」という文章になっていますね。これが英語的構成です。そして、これは一文の中だけでなく段落全体にもいえます。つまり段落のはじめに最も言いたいことを書き、そののちに詳しく説明していくわけです。実際このGiving a talkもそうなっているでしょう?
これから皆さんが論文を書く段階になったときこのことを思い出してください。

発表の基本

また発表に関してはスライドを用いたプレゼンテーションでのわかりやすくするコツを書いています。要するにこまごまと書くのでなくこまごまとしたことは口で説明するようにするということです。またGiving a talkに書かれていないこととしてGiving a talkを紹介してくれたフィンランド留学時代の担当教官だった先生曰くスライドの枚数は
「一分につき一枚」
を目安に作成するとよいと教わりました。これからはこのようなことを心がけて聴衆にとってわかりやすい発表をするようにしてください。


添付ファイル: filefeedbacksheet.docx 207件 [詳細] filetheme.pdf 217件 [詳細] filemybib.bib 1308件 [詳細] filedocument.tex 125件 [詳細] filefunthesis.cls 1532件 [詳細] fileTexSample.zip 928件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-07-10 (木) 16:03:28 (1196d)