FrontPage

研究テーマ
1.「スーパーめんこ」
2.「インタラクティブにキャラクターと触れ合う」
3.「」

週報(10/13~10/19)

松崎宏紀

10/13(火) 出席
10/15(木) 出席

10/13(火)
予定確認後、活動報告を行った。
台の整形の報告。
試した赤外線LEDの回路報告。(ブレッドボード)

10/15(木)
基板作成のために電子回路CADソフトEAGLEの勉強。
初めてのソフトなのでを調べながら勉強を行った。(操作など)
慣れないソフトは勉強は時間がかかる...
今週はメンコあまり進まなかったです...

屏風絵論文:アウトラインを少し進めた。

週報(10/06~10/12)

松崎宏紀 (2015-10-13 (火) 12:32:23)

10/06(火) 出席
10/08(木) 出席

10/06(火)
予定確認後、活動報告を行った。
台の仮組みまでの報告。
次回までに赤外線LEDの回路を試す。(ブレッドボード)

10/08(木)
台をキレイに整形しなした。
赤外線LEDを並列つなぎで回路を組んでみた。
やっしーさんのアドバイスで台にはんだづけする際は
基板をautolabで作成してつくるのがいいのではとアドバイスを頂いた。

屏風絵論文:アウトラインを少し進めた。

週報(9/29~10/5)

松崎宏紀 (2015-10-06 (火) 14:58:51)

09/29(火) 出席
10/05(木) 出席

週報遅れてしまい申し訳ありません。

09/29(火)
夏休みの活動報告。
目標としていたところまで進むことが出来なかった...
来週までに、台の試作、屏風絵の論文アウトライン作成。

10/05(木)
屏風絵のアウトライン作成。
台の試作用にアクリルボードを購入。
手作業で作ってみた。(仮どめの段階)
赤外線LEDを用いて、位置検出を行う。
現在ブレッドボードを用いてプロトタイプする。
そのために回路の復習をおこなう。

週報(07/21~07/23)

松崎宏紀 (2015-07-28 (火) 13:52:04)

7/21(火) 出席
7/23(木) 出席

週報遅れてすみません。

7/21(火)
テーマ審査会。
しっかり1分ずつ発表していくものだと思ったら流れるように、次々といき
すぐ終わった。
その後、反省会+予定確認。

7/23(木)
バイダルカ シーン1のお手伝い。
完成後かずきちに確認してもらい、渡した。

屏風の背景統合、フラッシュ統合。
背景統合に時間がかかってしまい、フラッシュの統合がまだ終わってないです。。。。

夏休みの目標
メンコの台試作
システムの作りこみ を行う。
夏明けには実験できるようにしたい。

  • はい、確認。 -- kazushi? 2015-07-28 (火) 21:56:06

週報(07/14~07/16)

松崎宏紀 (2015-07-21 (火) 18:10:43)

7/14(火) 出席
7/16(木) 出席

7/14(火)
今後の予定確認後、2度目の1分プレゼンを行った。
「現状」を具体的にし、出来ているところが分かる写真を追加する。
「目的」の下に「評価」をつける。
メンコとエフェクトの写真を切り抜いてイラストに合わせる。
関連研究の例を教えていただいたので、調べる。
memo:水面ディスプレイ

7/16(木)
報告書、1分プレゼン資料の手直しを行った。

7/18(土)
青年センターワークショップのお手伝い。
子どもたちの発想に驚いた。
横に動かすという発想は自分が作るとして出てこなかったかもしれない。
黙々と工作に励む子どももいた。グルーガンも使いこなし、つくり込んでいる子もいた。

バイダルカシーン1を担当。
素材作りを行った。

週報(07/07~07/09)

松崎宏紀 (2015-07-13 (月) 23:35:02)

7/7(火) 出席
7/9(木) 出席

7/7(火)
今後の予定確認、その後1分プレゼンを行った。
「それでどんな研究になるか」という点が明確にしていなかった。
発表スライドのコンテンツをわかりやすくする。

それでどんな研究?・・・システムを利用した際に本当に満足度向上するか検証する。

1分プレゼン後、プラネタリウム市立函館病院出張上映お手伝い。
設営の要領がわからず、キチンとお手伝いできていなかったかも。。。
今回ので少し分かったので次回お手伝いの機会があれば今回よりテキパキ動く。

7/9(木)
中間報告書作成、洛中洛外図切り出されたデータの背景統合を行った。

中間報告書
背景、目的など文章化する時に上手くまとめることが出来なく、苦戦した。
改めて振り返る機会となり、目的を明確にしていくことができたと思う。
文献の調査を少ししかしておらず、先行研究や参考にした点など調査の甘さを実感した。
文献の調査はしっかりしていく。先行研究は投影などに用いるための位置合わせ方法の
事例が多く、複合現実感を使ったおもちゃ等の研究を上手く見つけることが出来なかったので、
調べていく。

洛中洛外図
背景統合作業を行う。
別々のファイルに分けられたものを統合するのが予想より時間がかかってしまいました。。。
Photoshop作業にもう少しなれる必要ありと感じた。
先週は報告書に苦戦してしまい、メンコを進めることが出来ませんでした。。。

週報(06/30~07/02)

松崎宏紀 (2015-07-07 (火) 07:20:52)

6/30(火) 出席
7/2 (木) 出席

6/30(火)
予定確認後、活動報告をおこなった。
キャリブレーションモードの実装、メンコ台についての報告をおこなった。
課題として、
メンコ台の設計、試作
1分プレゼン準備

7/2 (木)
メンコ台の検討をおこなった。
迎山先生から、台の形状のアドバイスをいただいた。
検討していた台では、赤外線ライトとアクリルボードとの距離が近く、
拡散が上手くいかないのではとのアドバイスをいただき、
ライトを横に固定、内部を白く塗り密閉空間化し、
赤外線を拡散させる方法もあるとのこと。
また、迎山研究室の修了生で赤外線ライトを用いた、背景差分法を
用いていた論文があると教えてもらった。
(論文: ドロネー三角形分割を用いた拡張現実飼育箱の制作)

この論文ではアクリルボードの四面をライトで囲むようにすることで
赤外線ライトによる検出範囲を得るものであった。
この方法を用いることでより地面に近く、設計できそうである。

また、エフェクト案のスケッチをおこなった。

台は色々と考え、まだ設計がまとまっていない。。。
考えていく内にあれもこれも必要だなぁと考え、設計が終わっていない。
まだ試作できていないです。

週報(06/23~25)

松崎宏紀 (2015-06-30 (火) 10:09:04)

6/23(火) 出席
6/25(木) 出席

週報遅れてしまい申し訳ありません。

6/23(火)
ゼミの前にショートショート作家の田丸さんの講演会に参加。
90分のうちに作品を本当に創れるのかと思っていたが、
発想の広げ方などを学びつつ、講演にそって進めていくと
作品をつくれていた。
今回の講演は小学生などに対しても実施してるらしく、
内容は変えずに今回の講演と同じ流れで行っていると聞き驚いた。

講演会後、活動報告を行った。
カメラ側の補正をやっておらず、PJMの補正もずれていた。
次回までにカメラ側の補正を出来るようにする。
迎山先生からopenCVの warpPerspectiveを用いることで実装できると
アドバイスをいただいた。

6/25(木)
カメラの補正機能をwarpPerspectiveを用いて実装。
現在はマウスでクリックした4点の座標を取得して、補正するように
しているがやっしーさんからドラッグで範囲を決めれるようにした方が
良いかもとアドバイスをいただいたので、選択範囲をドラッグで決めれる
ようにしてみる。
また、メンコを遊ぶための台の作成を検討した。
キット化(?)してモビリティ性、設置場所の自由度を上げるのが目的である。
高さや幅、材料の検討をおこなう。
もう少し煮詰める必要あり。

週報(06/16~18)

松崎宏紀 (2015-06-23 (火) 07:53:15)

6/16(火) 出席
6/18(木) 就職活動のため欠席

6/16(火)
予定確認の活動報告を行った。
メンコのデモを行った。(エフェクト1つ)
・デバックモードの実装、
・プロジェクターからの出力を長方形にする、
・エフェクトの追加
・端の処理
を実装していくことに。まずはデバックモード。
加えて、よりインタラクティブにする方法も少しずつ調べ検討していく。
参考意見として、ハイスピードカメラ、マイク(振動センサ等)などをいただいた。

ゼミのあと、ポリッドスクリーンをゆーくん、かずきち、やっしーさん、おだしと一緒に一台組み立てた。5m...デカイ...

6/18(木)
さっそくデバックモードの実装。切り替えできるようにした。
出力をキレイにするため、今までは背景を白にしていたが(なぜだろう…?)、
PJMだし黒でいいんじゃないと意見をもらい、その通りだと思い黒にしたら
キレイになったはず。(日中の状態をまだ確認してないです。)

openCVでcontourFinder.blobs[int].areaで検出した輪郭内の面積を
取得できるようだったので、メンコの検出された面積を見つつ、
端などの、検出が上手くいかない範囲にエフェクトがいかないように試みた。
夜におこなった際には上手く作動したが、周りの明るさによって、
検出されるサイズが異なっている場合があり、キーボード等で微調整できる
ようにする。

エフェクトの追加の前に、エフェクトが表示され続けたり、
同時にいくつも出てしまっていたところの処理を直した。
表示時間はタイマー的なものをつけ管理した。
同時に表示されるやつは検出された一番新しいものの座標にエフェクトを
写すようにした。しかし、端などの処理がキチンとできていなかったようで、
エフェクトがちらついたり、新しいものの座標に上手く投影されないときがあった。←現在ここに苦戦中。
エフェクトの追加が出来ませんでした...

  • はい、確認。 -- kazushi? 2015-06-23 (火) 17:55:54

週報(06/09~11)

松崎宏紀 (2015-06-15 (月) 13:21:29)

6/9(火) 出席
6/11(木) 出席

6/9(火)
予定確認後、活動報告を行った。
openCV exampleを改良したものによるメンコの輪郭抽出を報告した。
輪郭検出の際に上手く検出できない時があった点に関して、
赤外線カメラ自体の設定を変更してみて、正確に抽出されるか確認してみてとのアドバイスをいただいた。(2値化された画像によって確認)
また、投影する映像を変形させるために distortionImageExample? を実行してみるとのアドバイスをいただいた。

課題として
デモが出来るようにする。

6/11(木)
カメラ(logicool)のソフトを用いてカメラ自体の設定の変更を行った。
露出などを調整し、検出範囲の拡大、正確な検出が出来るか試してみた。
露出を調整すると検出範囲が拡大したが重くなり、ラグが出来てしまって違和感が生じた。PCスペック的に重くなってしまった可能性が…?
検出精度に関しては、以前の状態のままでもう1度確認してみたところ検出は上手く出来ていたので、他のところに問題がある可能性が出来た。続けて調査していく。

distortionImageExample?をそのままビルドしてみようとしたが上手くいかなかった。
しかし、プロジェクト内のクラスは見れたので別のプロジェクトにコピー&ペーストして試してみたら、動いたので参考にして現在のメンコのプログラムに組み込んだ。

エフェクトは現在作成中です....

  • はい、確認。 -- kazushi? 2015-06-16 (火) 12:53:47

週報(06/02~04)

松崎宏紀 (2015-06-09 (火) 14:09:37)

6/2(火) 人工知能学会のためゼミ休み
6/4(木) 出席


週報遅れてすみません。

openframeworksを勉強しつつ、
openCV exampleで輪郭の検出が成功したので、
検出した輪郭から座標を得ることが可能なようなので座標を取得( contourFinder.blobs[n].pts[n] )、検出した輪郭に沿って四角形を表示させるようにした。
そして、試しに投影。

カメラとプロジェクタの位置による投影のズレがあるのは仕方ないが、
検出範囲で物体の大きさによっては上手く輪郭を検出してくれない時があった。
また、メンコの重なり方によっても生じた(大きさ変化?)が、たまに検出してくれた。

考えられることとして、
カメラの位置による問題(斜めから)
 →真上からに設置したら結果は良くなる…?
赤外線ライトの範囲
 →これが狭かった場合は別の方法を模索する必要あり。

まずはカメラの位置を調整して試してみたい。

また今後は実際にエフェクトの作成、投影を試していく。
openframeworksで上手くエフェクト作成できるのだろうか。。。
別の方法として、
AEで作成したものから、キーフレームを呼び出すことが出来るアドオンがあると調べていて出てきたので詳しく調査、実行してみる。

週報(05/26~28)

松崎宏紀 (2015-06-01 (月) 15:59:44)

5/26(火) 出席
5/28(木) 出席

5/26(火)
予定の確認後、活動報告を行った。
今回は
・えもふりで全身表示
・メンコの動画にエフェクトをつけてみる
の報告をした。
えもふりは全身の表示は出来たが手足は動いてなかったので、調べて動かしてみたい。
メンコのエフェクトはまだまだパターンや演出のカッコよさが足りていない。。。しっかり考えていきたい。
今回でえもふりは一旦メインの作業からはずれ、メンコ関連を進めていく。(えもふりも時間を見つけて進めていきたい)
メンコシューターという意見を頂いた。

課題として
メンコのためopenframeworksのopenCV exampleを用いて輪郭検出を行う。

5/28(木)
openframeworksの導入を行った。少し導入をミスってしまい、余計な時間がかかってしまった...
その後、迎山先生からお借りした赤外線カメラと赤外線ライトでopenCV exampleを用いて輪郭の検出を行った。
閾値の調整を行うことで一応は輪郭の検出に成功した。
しかし、ライトの当て方が悪いのか検出できる範囲が狭かった。何かよい方法はないだろうか。

なにはともあれopenframeworksに慣れないと、どうしようもないので勉強をする。

メンコのエフェクトについては動画など見てカッコよさそうなのを探している。何かないかなぁ。

ゆうくんの階段PJMのお手伝いをした。圧迫感が実際に感じて「うぉ」となった。
自分も使った人に「うぉ」と思わせたい!

  • はい、確認。 -- kazushi? 2015-06-01 (月) 21:53:23

週報(5/19~5/21)

松崎宏紀 (2015-05-25 (月) 10:00:16)

5/19(火) 出席
5/21(木) 出席

5/19(火)
予定確認。前の週の報告。
今後色々とイベントが控えているようなので、
大変そうだが楽しみです。

課題として、
えもふりで全身を動かす。(鉛筆画風)
メンコで遊んでみる。→動画を撮ってAEでエフェクトつけてみる。

5/21(木)
・めんこ
厚さ1mmのイラストレーションボードを使ったメンコを作成した。
なかなかひっくり返らず、厚さや、大きさなどの適正サイズ(?)が
あるのではないかと感じた。
なので、市販されているメンコを購入、比較してみることにしました。(駄菓子屋で購入)
市販品と比較してみると1mmは厚かった。なので、次回は少し薄い紙でメンコ作ってみたい。+1mmの厚さでもひっくり返したいので練習する。

その後、メンコで実際に遊んでみた。+動画撮影。
ゆうくんに手伝ってもらいました。
メンコはある程度重なっていた方がひっくり返りやすいと体感した。
重なっていないものはひっくり返せていないです。メンコ難しい....

・えもふり
鉛筆画風で全身のイラストの作成。
えもふりにインポートし、メッシュの調整など行いました。
とりあえず、全身の表示は出来た。
しかし、まだ足を動かしていないので検証していきたい。

  • はい、確認。 -- kazushi? 2015-05-26 (火) 09:08:06

週報(5/12~5/14)

松崎宏紀 (2015-05-19 (火) 14:13:32)

5/12(火) 出席
5/14(木) 出席

週報遅くなってしまいましたすみません。

5/12(火)
予定確認、GWにやってきたことなどの報告を行った。
影絵風アニメの完成系の披露、
「えもふり」を使ってメイドを動かしたものの披露を行った。
えもふりの評判が思ったより良かった。自分でも動かしてるときに「うぉ」とはなっていたが皆似た反応だったと感じた。
えもふりは色々と使えそうだと感じたため、もう少しじっくり触ってみたい。

その後、テーマ講評会を行った。
6案しか出せず、自分の発想力がまだまだと感じた。
しかし、
1.メンコ+映像効果を使ったゲーム、
2.キャラクターとインタラクティブに触れ合うことの出来る装置(←まだ具体性低い)
の2つの方向性にテーマを絞れた。
キャラクターの方に関しては迎山先生からペラモデル、ポリッドスクリーンなどを使えるのではと意見をいただいた。
またデジタル画ではなく、鉛筆画風の方が味がでていいとの意見もいただいた。

メンコの調査、デジタル技術を用いたメンコはあるか、
えもふりで全身いけるか調査を行う。

5/14(木)
・メンコの調査
デジタル技術を使ったメンコは具体的に発見できなかった。
1つ、「ARメンコ」というものがあるらしいと検索で出たが具体的な映像、画像を発見できなかった。検索の仕方も悪かったのかも知れないのでもう少し調査していきたい。
メンコの遊び方を調べなおしてみた。(子供の頃の記憶が曖昧だったため)
色々なルールなどがあるが「おこし」というのが地面に叩きつけてひっくり返していくもののルール名らしい。
実際にメンコで遊んでみることしたいと感じた。

・えもふりで全身いけるか
全身の表示は可能。レイヤーを分けて作成、フェードさせて表示を切り替えることは可能であるらしい。しかし滑らかに動かすことが可能かは検証が必要。
作品例などを見ると滑らかに動かしているものもいくつかあったが、どれほどの精度かは検証していきたい。


メンコ作成のため板目紙を求め買出しに行った。
結果、あるお店で板目紙でメンコ作りたいことを伝えたところ
イラストレーションボードのほうがキレイにつくれるのではと言われたので、試しに購入した。
今週はメンコを作って遊んでみたい。

週報(04/28~30)

松崎宏紀 (2015-05-04 (月) 10:05:38)

4/28(火) 出席
4/30(木) 就職活動のため欠席

4/28(火)
今後の日程の確認を行った。
5/9 Scratch Day, 5/29~6/2 人工知能学会アルバイト, 7/21 テーマ審査会
ダイヤリーワークショップ(休み中に実施...?)
その後先週までの報告を行いました。
自分は作成した3つの動画を発表しました。(内1つ未完成)
次回までの課題として
・未完成の影絵アニメ風を完成させる
・卒業研究テーマ案10個以上を上げる

また、自分の趣味前回のイラストを動かしたものを見たいとの意見を
頂いたので影絵を進めつつイラストを描いていきたい。

その後デスクトップPCの設置を行いました。

4/30(木)
就職活動のため欠席しました。

自主ゼミ相当として、
影絵風アニメの作成を引き続き行いました。

イラストも少し描いて、手慣らしを行いました。

飲み会参加できなく申し訳ありませんでした...
次回は参加出来るよう、しっかり予定調整したいです。

  • はい、確認。 -- kazushi? 2015-05-11 (月) 21:47:33

週報(04/21~23)

松崎宏紀 (2015-04-27 (月) 21:36:58)

4/21(火) 就職活動のため欠席
4/23(木) 出席

週報遅れてしまい申し訳ありません。

21(火)
就職活動で欠席してしまいました。
Tutti行ってみたかったです。
skillsはプログラミング能力が高い傾向があるようだった。
しかし、自分は苦手としている部分であるのでこれから勉強が必要であると感じた。
またもう少し明確なgoals、ビジョンを見つけて行きたいと感じた。

24(木)
21日の様子を少し聞き、texの導入を行いました。
AEでのアニメーションの素材づくりを進めました。

週報(04/14~16)

松崎宏紀 (2015-04-20 (月) 05:25:26)

4/14(火) 出席
4/16(木) 出席(健康診断のため途中から出席)

4/14(火)
・scratch勉強会に参加
・ゼミ(自己紹介)

scratch勉強会は楽しみながらscratchにふれられた。
ゼミでは1分間の自己紹介、wikiの使い方や週報についてなどの説明を受けた。
自己紹介では趣味(イラストを描く)が予想以上の反響を得た。
イラストは新しく描いて載せた方が良かったと反省。
卒研にも活かせそうなので時間を作って、また少しずつ練習する。

4/16(木)
・自主ゼミ

自分の描いたイラストを簡単にでも動かしてみようと思い、aftereffectsを利用できないか調べてみた。
パペットツールを利用して動かすことが出来るそうなので試してみる。
363のPCで、手描きの線画からphotoshopを用いてデジタル化を行った。
不慣れな環境(photoshopとデジタル作業)で想像以上に時間がかかってしまった。

[memo]
モンタージュ、アニメーションで卒研(?)、みっきー先輩の自己紹介を聞いてドット絵に少し興味が沸いてきた

  • はい、確認 -- kazushi? 2015-04-20 (月) 23:11:41

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-10-20 (火) 09:16:14 (1431d)