Counter: 3352, today: 1, yesterday: 1

FrontPage

テーマ

課題研究?:水彩画をコンピュータ上で実現
修士研究:オンラインゲームでの戦略的なコミュニケーションを促進するインターフェースの提案
修士研究:作業画面外情報への直感アクセス
修士研究:コミュニケーションを促進する環境情報の表示法の提案

現状とこれから

kato? (2008-06-03 (火) 13:54:57)

テーマ再帰
「オンラインゲームでの戦略的なコミュニケーションを促進するインターフェースの提案」

状況

・FPS系の動きの激しいオンラインゲーム上での戦略的コミュニケーションに問題提起
→チームプレイヤの動きや位置、状況の情報を把握しづらい
 →レーダーマップの問題提起
→戦略は経験量がものをいう
 →初心者いなくなる|入らなくなる
→コミュニケーション主手法は音声チャット
 →言語の違い、嫌悪感

・解決に向けて(過去
→画面端領域利用:レーダーマップに変わる位置・状況提示方法の提案
 →画面上端=操作キャラクタの前方、画面下端=操作キャラクタの後方が認識しづらい
→3次元音源提示:音の位置=キャラクタ位置、音の種類・位置=キャラクタの状態
 →前後に位置するの音源の差別がしづらい

・解決に向けて(これから

○拡張系
→ARインターフェース:
 画面外に情報提示
 自由な現実位置に自由な情報を配置可能
 ヘッドマウントディスプレイ注文

→足裏触覚インターフェース:
 振動や弱電気で情報提示

→DS等外部タッチパネル機での、ラインコミュニケーション
 線の種類と引く相手、引き方で情報伝達

→外部視覚情報表示
 他人・設置カメラの視覚も表示(SIRENみたいな
 

○改良系
→レーダーマップを何かしら改良


・その他
右クリックやメニューのリスト選択が使いづらいので、
スクイクやIPODのようなサークル選択を実装してみる
→右クリックの乗っ取りができない・・・

2008年〜2009年研究計画概要

kato? (2008-04-15 (火) 08:48:55)

4月状況整理及び事例調査とまとめ作業
5月〜9月アイデア出しとプロトタイプ作成
5月後半課題研究3準備
5月末または6月頭課題研究3中間発表
6月6日研究計画書を事務に提出
8〜12月学会発表最低2つ
8月課題研究3最終発表
9月研究評価実験・論文執筆開始
11月修士研究中間発表
11月7日発表要旨提出
11月18〜20日中間発表
11月末修論草稿完成
12月末修論完成
1月論文審査準備(8日審査願い、16日審査概要通達、26日審査資料提出)
2月論文審査、修了試験
2月27日論文最終提出
3月6日修了認定
3月9日論文をWebで公開

秋葉_作品

kato? (2008-02-15 (金) 22:00:55)

papervision3d + wow-engine + wiiいもうとの試作品をファイルサーバにアップ。

問題点:
wiiいもうとで読み込んだ際に表示位置がずれる。
・wow-engineで自由移動できるオブジェクトがSphereとBoundArea?しかない?
・上記のため、形状を組み合わせた複雑な箱を作ることはできない。
・また、自由に障害物を配置できない。

wow-engine使わず、簡単な物理計算のみで制作中。

RP

kato? (2008-02-02 (土) 23:08:37)

DirectXの2D描画がいまいちなので、結局OpenCVも併用することになった。
今のところエラー対処で手一杯、プログラムの方は今週はあげられそうにないです。

迎山先生、月曜までの課題に手一杯なのでRPは火曜以降になりそうです。申し訳ないです。

遅くなりました、今のところテクスチャの色の書き換えと表示のみです。
fileTest.zip

それと、謝礼の方はなしでお願いします。もうお金をもらえる立場でないので。

fileWaterPaint_P5_v05.zip

  • DirectXの2D描画はやってみたわけだ。その版をいまだしなさい。 -- kazushi? 2008-02-03 (日) 00:02:04
  • 途中でいいから出しなさいと言っているのになんでださないのだ?ソースコードもつけて。 -- kazushi? 2008-02-03 (日) 10:41:46
  • じゃ、あと、Processingでつくったほうのコードもください。 -- kazushi? 2008-02-03 (日) 13:08:39
  • 勘違いかもしれませんが、先に書いたのは、RTは最後までやるが、お金はいらないの意です。 -- kato? 2008-02-04 (月) 12:54:35
  • ま、大変そうなのでもういいですよ。いちおうprocessingのコードをください。 -- kazushi? 2008-02-04 (月) 15:23:24

期末に向けて

kato? (2008-01-27 (日) 22:01:58)

・CT
発表時に簡単なデモができるレベルは最低限作成する。
位置推定は半年でも終わりそうにないので、やっぱり保留。
ノートでデモやるとしたら、OpenALとDirectSound3Dのどちらがまともに動くか検証しなければ。

・PT
GPGPU勉強中。
火曜までに見せられるモノにする。
そもそも混色と発色がうまくいってないので、可能ならばアルゴリズム再考。

・3月
待望のWowEngien?が公開されたので、3Dネタで考えてみる。
http://seraf.mediabox.fr/wow-engine/as3-3d-physics-engine-wow-engine/

・その他
講義の課題を早々に片付ける(得にレポート)。
XNAは断念。
自鯖は心配事が増えたので止め、レンタルに。
Webメモの準備作業は他の作業終わるまで中止。

・嘆き
昨年末解決したと思ったに、ブルースクリーン再発。
原因はメインメモリの破損。メモリ一つご臨終。
HDDも不良起こすようになったので、作業主体を大学に移す。
ノートもバックライト切れたので、新しくノート買ってそちらに開発主体を置くか・・・(let'snoteYシリーズが欲しいが高い)。

PCトラブル対処のため、ほとんど作業進まなかったので、遅れを取り戻さないとやばい

暫定メモ

kato? (2008-01-25 (金) 13:32:16)

Wifiの電波強度から距離・位置を推定する為に・・・

・利用環境での電波強度の実測値が必要である。
・実測値を元に比例定数等を求めなければならない
・未来大での実測値は高橋修研究室の学生が計測済みらしい⇒実測してない
・計測距離単位はある程度離れている⇔計測される値が0~100なので、短距離での計測は難しい
・理想的な環境はありえないので、どのみち正確な位置特定は現状では無理?
・理想的な環境でない理由:壁に反射した電波の受信、壁越え、ノイズ、チャンネルの競合

代替案・・・

・未来大の場合:IPゾーンで場所特定⇒×
・指向性があり、かつ高出力のアンテナを回転(レーダー)
・指向性のある受信機をクライアントが動かす
・RFIDタグをばら撒く⇒力技
・光、赤外線センサ、超音波センサ⇒反射したらNG、範囲が狭い
・室内GPSを使う(鈴木恵二先生)
BlueTooth?を使う

・そもそも、ゲームならば不確定要素はありではないか
 ⇒距離ではなく、単純に受信強度をそのまま使う
 ⇒壁越しであるかどうかは、ユーザが考えればよい
・・・

その他
・無線系はロボット系の教員に聞くべし
PlaceEngine?が習得するデータは暗号化されているので、詳しく知りたければコネが必要かも
・ハードの実装をするなら和田先生に要相談
・電波強度を調べるサンプルがあるらしい(WindowsMobile?用)

結論
・Wifiで位置推定は後回し
・位置データが取れたと仮定し、位置・状態⇔音源変換を先にやる

  • 了解 -- kazushi? 2008-01-25 (金) 14:10:07

東京訪問記録

kato? (2007-12-04 (火) 21:30:34)

[Space for your future]
http://www.sfyf.jp/

[六本木クロッシング2007]
http://www.mori.art.museum/contents/roppongix02/index.html

[Water]
http://www.2121designsight.jp/schedule/program.html
aqua scape http://aqua-scape.jp
佐藤卓 http://www.tsdo.jp/

[明治大学新領域シンポジウム]
岩井俊雄
http://tenorion.exblog.jp/

佐々木渉
http://www.crypton.co.jp/
クリエイター向けSNSサービス http://piapro.jp/

武田双雲
http://www.souun.net

平野友康
http://www.digitalstage.jp/

水口哲也
元気ロケッツ http://www.genkirockets.com
http://www.qentertainment.com/

宮下芳明
phテルミン http://www.sonichead.jp/4++/chemical.html



感想はまとめ中

作品解説パネル

kato? (2007-11-28 (水) 14:37:35)

  • ごくろうさま。いい感じのパネルやないの。 -- kazushi? 2007-11-28 (水) 23:07:08

#7/12

kato? (2007-07-12 (木) 21:31:23)

課題研究?のテーマ名決定「水彩を模したペイントツールの試作」
do:にじみ具合はいい感じだが、彩色方法を再検討しないと、水彩っぽくない。
インク量と水量、ペン幅、画面クリアを追加。簡単なボタンやスライドバーならControlP5ですぐにできるので、効率がよい。
ペンタブ入力はjwintabで済むので、後は傾きと筆圧の使い方を要検討。
todo:Java+ProcessingからC++に書き換え&プログラム高速化。

修士研
論文投稿の〆切が延びたので命拾い。下書きをひとまず書いたが、具体案が形になってないので曖昧なまま投稿する予感

gainerの制御方法は簡単なので、サンプルで十分把握できた。
8月までにモータつけて、簡単な首振り人形を作るとこまで、ひとまずやる

5月下旬

kato? (2007-05-31 (木) 05:28:47)

デジタル絵画
do:ひとまずJavaで、マウス入力からのドローイングの基本部分を作成
todo:調べた論文を基に、水パラメータの付加と、絵具の拡散をモデル化・実装
ペンタブレットの入力データの獲得、筆のモデル化(傾き、接地圧力、移動速度…)・実装

コミュニケーションツール
do:研究計画書を作成・提出
todo:研究会提出用のペーパ準備のため、計画書に、研究手法や手順等を順次加筆
視覚外情報の見せ方に関してのアイディア出し
多人数での通信プログラム作成

etc_todo:
10月のエンタテイメントコンピューティング2007及び8月上旬の課題研究発表に向けてのスケジュール作成

5月第2週

(2007-05-15 (火) 20:09:51)

進捗
ゲームとコミュニケーションについて雑多にブレインストミーングを行った。その結果を、討論し、次の点に注目した。
・一人用ゲームでも、開発者の意図等の見えないコミュニケーションが行われている
・人⇔デバイス⇔人の関係 人とデバイスとのやり取りと、デバイス自体の改良・変更を行なうのが妥当である
・肝心なのはコミュニケーションの見せ方であり、汎用的なシステムそのものではない

考えてばかりでは先が見えてこないので、現状で、できるモノを作っていかなければならない。

TO DO
まず、土曜の朝3時間は絶対研究時間に当てること
デジタル絵画の論文読みとまとめ、理論設計を行う
今考えているゲーム内コミュニケーションのアイディアをスケッチ

5月初頭

(2007-05-10 (木) 18:09:54)

便利そうなので、早速まねさせてもらった。

活動は、論文読みとゼミでの話し合いのみ。

TO DO
5月中に研究内容をまとめる。
研究ゼミの内容を充実させるためにも、調査内容のレジュメ作りを心がける。
卒研時のプログラムの整理を行う
久しくプログラム組んでないので、ペイントのサンプル制作で勘を取り戻す
杉本さん制作のWiimoteドライバを試して見る、余裕あれば何か作る

活動記録

4月24日(火)

水彩ドローイングの先行研究の調査報告その2
課題: 調査の継続 サンプル制作 研究計画書原案制作

4月17日(火)

水彩ドローイングの先行研究の調査報告
課題:調査の継続

4月12日(木)

面談:授業計画・研究テーマ

添付ファイル: fileWaterPaint_P5_v05.zip 696件 [詳細] fileTest.zip 805件 [詳細] filewiiimouto.zip 457件 [詳細] filePoster_kato_071126to30.pdf 993件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-11-12 (土) 17:26:26 (2752d)